東京オリンピック2020 大会8日目の結果と注目ポイント

Sports
Sports

もう7月が終わりますね。

始まるまではどうなることかと思っていた東京五輪。

 

見えない敵と戦う辛さもありますが、選手達の素晴らしいプレーがオリンピックをいい舞台にしています!

選手たちは今日も、目の前のプレーに命を懸けています。

 

結果:東京オリンピック(大会8日目)

 

▶大会8日目の結果はこちら

 

10:50

競泳男子200メートル背泳ぎ決勝

入江 陵介

→結果:7位

 

11:16

競泳男子200メートル個人メドレー決勝

瀬戸 大也
萩野 公介

→結果:瀬戸4位、萩野6位

 

14:50

トランポリン女子決勝

宇山 芽紅

→結果:5位

 

18:25

柔道女子78キロ超級決勝

素根 輝

→結果:金メダル獲得!!!

 

19:30

フェンシング男子エペ団体決勝

見延 和靖
加納 虹輝
山田 優
宇山 賢

→結果:金メダル獲得!!!

 

 

20:30

陸上男子1万メートル

相沢 晃
伊藤 達彦

→結果:相澤17位、伊藤22位

 

 

【注目】今日のワンポイント

 

瀬戸選手、萩野選手の共闘!

水泳界を盛り上げてきたトップ選手の2人が、おそらく最後であろう共闘を東京五輪で終えました。

2人が口にしたのは結果ではなく、それぞれへの「思い」。

 

自分たちがこの舞台にたち、最後に素晴らしい舞台で泳げたことに喜びを感じていました。

 

https://sports.nhk.or.jp/olympic/highlights/content/e7d1f463-f924-48da-b2b8-5a4d4db45d23/

 

フェンシング男子団体が金!

準々決勝で強豪フランスを破り、韓国に勝ち、決勝ではROCを圧倒して優勝!

日本史上初の金メダルを獲得!

https://sports.nhk.or.jp/olympic/highlights/content/cc9afe03-6bcc-46c6-9e01-ec8dfdc5dec1/

 

 

総括

メダルの色の輝きもちろん素晴らしい成果として写ります。

そこの舞台に立ち、闘いにのぞむこともまた素晴らしい姿に写ります。

 

一つの目標に向かって毎日を積み重ねること、

ツライことや厳しいことにも向き合い、自分との闘いに望むこと。

 

そんな強さをアスリートたちから学んでおります。

 

タイトルとURLをコピーしました