スポーツの日(2020年7月24日)

Sports
Sports

今日(2020年7月24日)はスポーツの日として祝日が定められている。

スポーツ好きとして、この日のことを知っておくべき、、!ということで調べてみた。

 

■由来

2020年から正式に「スポーツの日」として呼ばれるようになっている。もともとは「体育の日」。

 

今年はなんといっても日本にとってはビッグイベントの東京オリンピックが開催!のはずだった。。

世界中のこの情勢により来年に延期になってしまったが、もとは10月の第2月曜日に定められていた「体育の日」がオリンピックの年に合わせて、「スポーツの日」に改名。

予定では2020/07/24は東京オリンピックの開会式だった、ということで今年限定でこの日に設定されたという背景。

Sportsであれば世界の人にも理解されやすいという配慮もあったそう。

 

■「オリンピック」と「スポーツの日」の関係

昨年までの「体育の日」も前回の東京オリンピックに関係している。

前回の東京では1964年に開催。そのころの開会式は10月10日。2年後に正式に体育の日として決定した(現在では10月第2月曜日)経緯がある。

56年のときを経て、2020年には再び東京でオリンピックが開催される予定だったが、残念ながら延期。「スポーツの日」に改名されることは決まっており、今年限定で五輪の開会式に合わせる形に。

もとの由来に合わせようとした。

気になる2021年ですが、開会式が2021年7月23日(金)に変更。合わせてスポーツの日は10月ではなく、7月23日に。
そして「海の日」も移動し、7月22日(木)となり、2021年の7月は、22日(木=海の日)、23日(金=スポーツの日)、24日(土)、25日(日)の4 連休となる。(エンジョイマガジン

今年と同様ですね。

2021年こそは、スポーツの祭典を見たい!と願っています。。

 

■世界の「スポーツの日」

カタール、インド、マレーシア、イランでも定められているらしい。各国、国民の国民の健康を促進するためや運動の重要性を広めるために設定しているそう。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

タイトルとURLをコピーしました