【3分レビュー】『タニタの働き方革命』#32

Books
Books Life&Fitness

社員の業務委託化、タニタ食堂、健康経営。

様々なジャンルで注目を浴びて、「働き方」に大きな変革を起こしているトップ企業のタニタ。

今回はそんなリーディングカンパニーの最新、「働き方」がわかる本となっています。

 

正直、私はこの本を読んで「やばい」と焦りました。

時代はとてつもなく速く動き、そして変化しており、「“個人”として何を残せるか」。

この事実が思ったよりも早いスピードで訪れていると改めて感じたからです。

 

 

読む目的

  • 世の中の変化に適応する働き方を知る
  • 会社と業務委託契約をするとはどういうことなのか、知る

 

メモ

・これからは社内か社外か、社員かそうでないかはかなり曖昧になる

・人生100年時代に求められること
→「やれ」と言われたからではなく、「こうありたい」「成長したい」という思いに突き動かされてできているか?
▶︎必要なのは、与えられた仕事をきっちりとこなす力よりも、「自ら仕事を生み出す」能力

・仕事人生をトータルで考えた時に、「ここが頑張り時だ」という時期は誰にでもある。
→そこでどれだけ頑張れる?

「走りながら考える」選択肢のある状態が良い状態。

・人は目的を持って、目標を与えられることは耐えられる。しかし、目的がなく、目標だけ押し付けられると耐えることはできない。

 

気づき・学び

 

  • これから重要になるのは、自分の意思で選択し、自分の意思で動けるかどうか。
  • 「走りながら考える」はすごく適切な状態だと思う。やってみないとわからないし、ただやっているでもダメ。やりながら試行錯誤する。
  • まずは、その行動をする目的の明確化

 

ネクストアクション

✅転職する目的を紙に書き出す

✅複業する目的を紙に書き出す

✅コーチングする目的を紙に書き出す✅書いたことを見て、そこにつながるすぐに動けそうなことに取り組む

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました