【3分解説】『レバレッジリーディング』#34

Books
Books Life&Fitness
「本を読むといい」
「本から学べるものは一生モノ」

 

なんて言葉はよく聞きます。

しかしこんなことを疑問に思ったことはありませんか?

 

  • じゃあ一体なんの本から読めばいいの?
  • おすすめされた本が多すぎて、ほとんどが“積ん読”状態になっている。

 

こんなお悩みに応える「最適な本」を紹介します。

これを読めば読むべき本が明確になり、最も重要な本の「読み方」を習得することができます。

 

読み終わった頃には、最高の読書術を手に入れているでしょう。

 

 

読む目的

  • 読書術を学ぶ
  • “レバレッジリーディング”とは何かを学ぶ

 

メモ

 

・同じ努力でも成果を出せるかどうかは、レバレッジ(てこ)による
→当然、0から生み出すよりも他人を真似た方がはやい。自分のやる気に他人の知恵や経験をかけあわせることをレバレッジという

 

・読書は読んだ内容に自分なりのアレンジを加えてビジネスに活かすことでその効果を100倍以上にもすることができる

 

本は最高の自己投資。行動が伴えば、定価の100倍となって帰ってくる。

 

・本を読む目的を明確化し、制限時間を設ける

 

・“レバレッジリーディング”では自分の目的に沿った情報が得られればOK。読書という認識ではなく、投資活動

 

・読み始めに、「著者プロフ」→「まえがき」→「あとがき」で流れを掴む

 

・自分だったらどうするか、とあうシュミレーションを加えつつ読むと、アイデアが出てくる

 

・読むスピードには緩急をつける。
例)飛ばす場所、ゆっくり読む場所

 

・重要箇所はレバレッジメモにまとめる。プリントアウトする、まとめは外注してもいい

 

・たまってきたらそれをテーマごとにまとめて、持ち歩く。

 

・成果をあげる人に共通するのは、自らの能力や存在を成果に結びつけるうえで必要な習慣的な力がある。習慣の集積が成果。

 

・九九と同じくらい条件反射で答えられるよう、反復せねばならない。

 

 

気づき・学び

 

  • 本を読む目的を明確にする。
  • 制限時間を設ける。
  • 全て読む必要はない
  • 重要箇所はチェックし、持ち歩いたり、いつでも見れる状態にする。
  • 逆に言えば、1冊から1箇所だけでも情報を入手し、行動に移すことができれば最高!

 

ネクストアクション

✅手にとった本を読む目的を明確にしてから読み始める

 

 

タイトルとURLをコピーしました