史上初!日本人1億円プレイヤーの素性

Sports
Sports

バスケットボール選手としてはハンデとも言える、身長167cmの小柄な身体。決して恵まれたとは言えないその状況でもコートで躍動する選手がいる。

富樫勇樹(Bリーグ:千葉ジェッツ所属)

昨シーズン、Bリーグ日本出身選手初の1億円プレーヤーとなった男の素性を見てみよう。

 

 

高校3年間の経験

©CHIBA JETS FUNABASHI/PHOTO:Junji Har

 

「自由にシュートを打っていたのが、1試合で1度も打たないこともあったりして。自分のやりたいプレーをさせてもらえなかったし、楽しかったかと言われると、そうでもなかったですね。

だけど最初から、英語も通じない、バスケットも通用しない、全く違う世界だと思ってアメリカに飛び込んだんです。若かったから言葉が通じない怖さも分かっていなかったし、最初からかなり自分を下のランクだと見ていたので、試合に出れなくても心が折れることはありませんでした。

それよりも2年の時には全米ランキング2位になったり、徐々に試合に出れるようになったり、成長しているという実感があったので、あの3年間は、僕のバスケットボール人生を変えてくれたすごく貴重な時間だと思っています。」

将来に成功するアスリートの特徴として、異世界に自分の身を投じることができる能力を持っている。冨樫も例外ではなく、言語もこれまで培ってきたバスケの常識も、全て今まで常識だったものが通じない世界に飛び込んだ。

そしてそこですぐにあきらめない、投げ出さない強い心がある。現状の自分を受け入れ、認め、這い上がっていく。冨樫もそうしてプレイヤーとして強くなっていったのだ。

 

「身長に関しては、自分ではめちゃくちゃハンデがあると思っています。でも、それを上手く言い訳にしている部分もあるんです。同じポジションで相手が185cmだったら、もう全然違う階級で戦っている感じじゃないですか。高校1年目なんて、試合に出るのが本当に怖かったんですよ。自分が出ても何もできない、試合に出たくないという感覚があった」

「だけど、この身長でもある程度のところまではできる、技術面やスピードで補えるところもあるって分かってきて。そうなると、違う階級という感覚をポジティブに捉えられる。階級が違うんだから、負けることや失敗することなんて怖くないわけです」

 

大半の選手が身体能力の低さをハンデとして捉えている中で、冨樫はそこをポジティブに捉える。

他の強みによって、弱みすらも目立たなくしてしまうようなイメージだ。

 

Mr.ポジティブ

冨樫は基本的に「悩む」という行為をしない。

「僕の唯一いいところをあげるとしたら、やっぱり「ポジティブ」だということ。悩むこともないので、人に相談もしません。大学には進まず、日本に戻ってくるという決断ですら、誰にも相談しませんでしたから。だって、聞いたところで解決できないような話ってたくさんあると思うんです。もしかしたらアドバイスにはなるかもしれないけれど……結局何を選んでも、自分が選んだことだったら自分が責任を持てるじゃないですか。だったら人に相談する必要はないかなって」

 

基本的にポジティブ、そして怖い物知らずでもある。自分の意思を元に進み続けてきたからこそ、自分の行動や言動を信じることができるのだろう。

しかしそんな冨樫にも怖いものがある。

「子供の頃から、今でもずっと、死ぬのが怖いんです。死にたくないんじゃなくて、死ぬのが怖い。どうやって死ぬのか、どこに行くのか、正解なんてないんだけど、死があまりにも怖いから、他のことは何も怖くない」

まだまだ、「死」を迎えるまでどこまでも成長していきそうな選手だ。

 

SHISEIDO presents 才色健美~強く、そして美しく~with Number~

まとめ:強く、ポジティブに生きよう!

✅ハンディキャップはポジティブに捉える

自分にとってハンデと感じていることは、実は強みに転換することができる。その特徴は、ハンデや弱みではなく、それがあることによって必ず「強み」が生まれる。

それに気がつき、徹底的に伸ばし続けることは一つの戦い方になるのかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました