【0秒思考】#9

Books
Books

ビジネスマンや経営者、決断を早く起こせる人はどんな思考を持っているのか。
普段から自分の頭に現れた“ヒント”を紙に書き出す。それも0秒で。この行動によって起こる変化がある。

 

 

読む目的

  • すぐに決断できる力を身につける
  • スピード感のある仕事を自分のものにする
  • 優れたビジネスマンに必要な能力を身につける

 

内容

・頭がいい人、仕事ができる人は言葉への感覚が鋭い

・物事を進める上では、仮説→検証。検証して間違っていれば修正。

・究極がゼロ秒思考。気持ちをその場ですぐに言葉にして、思考を深める訓練をすることで、どんどんと考えがスピードアップする。

・仮説構築を癖づける。繰り返すことで少ない情報でも仮説構築ができるようになる。その後は素早く情報収集、検証、間違っていた際の代替案を用意する。
→仮説、検証、修正。仮説、検証、修正。

・メモに自分の気持ちを吐き出す=自分の気持ちを客観視できる穏やかになれる
→自分を客観視する意味でもある。メモは頭を整理する。

なぜやどんな、目に付くこと、感じたこと、注意されたことを書き出していく。
→メモするくせづけ。1日10メモ。

・頭に浮かぶ言葉をタイトルにする。基本は疑問形。

・メモは毎日10ページ。1ページ1分、合計10分。思いついた時点ですぐにやる。

・一つのタイトルを深掘りし、その深掘りの一部をタイトルに置き換える。
→高速で出したワードを深掘りする。

・メモは見直すのではなく、書き直す。
→見直す行為は3ヶ月に1回くらいでいい。同じタイトルで書き直す方がいい。

 

気づき・学び

  • ゼロ秒思考をどんどんやりたい。これをすることで思考が整理され、もっと頭がスッキリする気がする。
  • 自分には言葉で人を感動させたいという思いがある。そのために自分ができることは経験を積むこと。経験があるから自分の中に言葉が生まれる。経験するには行動を続けるしかない
  • 気づきはすぐに紙に書き出して言葉にする。それによって思考を深める。このスピード速めるためには何度も繰り返すこと。

 

ネクストアクション

 

  • ゼロ秒思考を1日10回やる
  • 毎日メモを持ち歩く

 

 

タイトルとURLをコピーしました