コーチング実績〜2021・2月〜

コーチング Coaching
Coaching

2月はとにかく過ぎ去るのが早いように感じるのは、本当に3日ほど少ないからなのか、気のせいなのか、どちらなのでしょうか。

 

さて、2月もおかげさまでコーチングを継続していくことができました。

私のコーチングを受講いただいた皆様、本当にありがとうございます!!

 

徐々に増えていくクライアント様との出会いに心から感謝申し上げたいです。
この場をお借りしまして、本当にありがとうございます。

 

では2月実績です。

 

コーチング実績(2月)

 

  • セッション提供数:13回
  • 提供人数:10人
  • 総時間数:810分
  • 詳細:初めてコーチングを体験する人が4人。中にはコーチ同士の相互コーチングも実施しています。

 

今月はありがたいことに、クライアント様の紹介から横に繋がり、「コーチングを初めて受ける」という方に何名か出会うことができました。

コーチングを受けていただいた後、それぞれの印象や感じ方がまたバリエーションに富んでいて、
改めて「人にはもともと“個性”があり、もともと素晴らしい確立された人間である」ことを思い出させます。

 

クライアント様の感想

 

✔️コーチングを受けてみてどうだったか

・引き出しを一緒に開いてもらった感覚。
・言葉を小出しにしてもらい、広がった。(20代男性・会社員)

 

・ありがたい時間だった。
・問いかけの中で、自分の言葉を引用して使ってくれて嬉しかった。
・自分の言葉なのか不思議になるくらい、予想外の言葉が出てきた。(20代男性・学生)

 

・話のトーンや聞き方が変に色がなくて自然だった。
・傾聴の姿勢が洗練されていて、話やすかった。ただ話していくうちに広がっていく感じ。(20代男性・会社員)

 

 

✔️コーチ同士の学び

・体の感覚で感じさせるが早すぎた
→クライアントは、自分の思いをすぐに体の感覚で感じるのを望んでうたわけではなくて、もう少し「言葉」にしたがっていた。話して、話して、出てきたものから深めていく。
例)「具体的にどんなことですか?」というような質問があると○

 

・(クライアント体験を通じて)頭で考えてしまう質問が多かった
「シンプルに、短く」がポイント

 

まとめ:コーチングをもっと多くの方に届けたい!

コーチングでは、コーチの感覚はほとんどどうでも良くて、最後にクライアント自身が“どのように思ったか”、“どのように感じたか”が全て
✅コーチ同士の学びが、より深いフィードバックとして自分に突き刺さる

 

今もなお、先月体験セッションを受けていただいたクライアント様からいただいた言葉が蘇ります。

 

「今、この時代にはコーチングを必要としている人たちがたくさんいる」

 

これは間違い無いことだと確信しています。

 

・本当はやりたいことがあるけど、できていない人
・もっと成長したいけど、何をしたら良いかわからない人
・目標に向かってもっと全速力で進んでいきたい人
・幸福を願ってやまない人

 

一緒に考えましょう。

大事なこと、もしかしたらあなたが人生で成し遂げたいことは、すでにあなたの中にあるかもしれません。

 

コーチの検索はこちら⬇️

 

 

タイトルとURLをコピーしました