2020の総括〜2021に向けて〜

Life
Life

今年ほど世の中の転換期を感じた年があったでしょうか。
コロナウイルスの出現によって、世界の多くのものが変化しました。

働き方、コミュニケーションの取り方、サービスの打ち出し方も全てが変わりました。
仕事でもテレワークも導入されて、「ステイホーム」を推奨する緊急事態宣言の発令もありました。

周りのお店も閉まり、外には人も減り、旅行もできず、日本にも外国人が減り、
世界が止まってしまったかのような印象でした。

いろいろなものが変化し、大きく世界が変わらざるを得ない、そんな1年でした。

 

変化を求められる時代

強制的に、“個人”も変わらなくてはいけません。

会社、組織、団体に属しているだけでは意味のなさない時代、どこではたらくかよりも、
誰と何をするか、が重視される時代。

そんな新時代が如実に形になり始めた、激動の1年でした。

名称未設定のデザイン-4

 

自身の変化

そして私自身も、大きな変化がありました。

4月には社会人2年目となり、会社では新人の教育担当を任せられるようになりました。
担当顧客も増え、ここから数字もたくさん積み上げていくぞと意気込んでいた矢先、、緊急事態宣言の発令。

企業の活動も止まりました。人材業界ではたらく私も営業先の企業が全て採用をストップしたことにより、新規開拓は困難に。それどころか、雇い止めを余儀なくされて、派遣社員の契約終了の動きが出始めました。この流れは先の見えない世界の中で、秋ごろまで引きずられていました。

 

一方で、私自身に与えられた“時間”には余裕がうまれました。

テレワークにより通勤時間がなくなったり、休日も外に出られず家の中で過ごす時間が増えたり、、
自分と向き合う時間が圧倒的に増えました。

 

この期間、副業をする人が増え、家の中でできる新しいことにチャレンジする人も増えました。

この流れは、明らかに時代の転換期を呼び起こしています。

 

サラリーマンは、自分の会社で、一つの仕事だけやっていれば良いわけではありません。
仕事で、会社に圧倒的成果をもたらそうと、毎日残業尽くしの日々を過ごすことも必ずしも良い選択ではなくなってきています。

それは自分が属する会社が、今後の人生を保障してくれるわけでは無いからです。会社が倒産すれば自分の力で生きて行かなくてはいけません。自分に“稼ぐ力”がなければ生き残ることはできません。

個人的な見解ではありますが、
自分の中にあるいくつかの能力を知り、追求し、活用し、それらを掛け合わせて仕事に活かすことができる人が、生き残れるのかなと感じています。

 

2020年やったこと

そんな変化を感じつつ、2020年、本業以外にも私なりに1年間様々なことに取り組みました。

・「資産運用」の本でお金、経済、投資について勉強
・『アウトプット大全』を読み、本、映画についてのアウトプットを開始
・ウェルスナビで投資開始
・SBI証券でつみたてNISA開始
・AKIO BLOGさんのコーチングイベント参加
・ジムや自己投資、余暇の質を高めるためにair pods pro購入
・ストレングスファインダー受講
・CTI協会のHPから4人のコーチに体験セッション申し込みの連絡
・サンプルコーチング受講(計4回)
・ワードプレス でブログ開設(サーバー代16000円/年)
・Facebookの運用開始
・新型コロナウイルスの影響でジム閉鎖→毎日朝活
・Kindleで本を読む
・noteで発信開始
・紙に映画のアウトプットをする
・note毎日投稿開始(96日連続投稿)
・長財布をやめる。カードは全てモバイルに。
・MacBook Air購入
・母校にコーチング提供の相談をする(松本コーチ)
・在宅トレーニングを始める。週6〜7日。
・彼女と半同棲
・YouTubeを始める
・インスタとTwitterで新アカ作成&運用
・ネオコーチング、オンラインで受講
・パルシステム契約。在宅で食料調達
・朝の散歩、ゴルフ(週1程度)、懸垂を気分転換にとりいれる
・在宅勤務の時は昼間にランニングにいく→1日しかできなかった。
・夜ご飯に炭水化物を抜く(減量に挑戦)(5/20〜)
・ホワイトボードを買って、日々の目標を体重を書き込む
・4つのモーニングルーティンを始める(5/25〜)
・朝5時に起きる
・夜22時半には寝る準備をする
・『0秒思考』を読み、毎朝0秒思考開始
・毎朝、瞑想開始
・コーチング受講決定(6月〜)9万円の投資
・友人と毎週土曜日朝に1週間の振り返りMTGを始める(5/30〜)
・ジム再開(平日朝週3日、45分/日継続)
・ブログでスポーツ・アスリートについて記事を書く
・ユニクロでビジネスの夏服を揃える(7500円投資)
・セキュリティ対策でノートンを3年契約(9800円投資)
・CTIコーチング申し込み(80万円の投資)
・Appleミュージック入会(月額980円)
・ブログ50記事執筆
・Googleアドセンス合格
・ブログPV10超え
・ブログラボ入会(月額798円)
・コーチング提案書作成
・母校、大学、元ゼミの先生にコーチング提案
・ブログ100記事執筆(9月末)
・コーチングセミナー受講
・66円のブログ収入
・ふるさと納税開始(22,000円分)
・CTIのコーチングコース受講開始(10月〜)
・アップルウォッチ購入
・コーチング提供開始(10月1回、11月6回、12月)
・インスタ新アカ作成(主にコーチングについて発信)
・イケハヤさんのメルマガ購読開始
・ITパスポート合格
・TwitterでアスリートにDMでコーチング営業(10人)
2020年 合計本44冊読了、映画21本鑑賞

 

思い返せば、これまで情報は受け取る側で発信もなにもしてこなかった自分が、
SNS(Twitter、Instagram、Facebook、note)を運用するようになり、
みなさんの発信から学び、少しずつ、自分でも自分なりの言葉で発信していくようになりました。

その後はブログでも発信を続けてきました。

 

今年、“発信”をメインでやろうと思い立ったのは、「自分の考え」を持ち、言葉にすることの重要性に気がついたからです。

変化が激しい世界の中、変化が起きてから動くようでは遅い。勝ち残るためには、変化を起こす側に回っている必要があります。

画像3

 

仕事以外の時間をどう使うか。

これが自分にとって最大のミッションであり、テーマを持って日々過ごしてきました。

誤解のないように補足すると、会社で残業して働くことを否定しているわけではありません。
自分にとっては、会社で残業するよりも、仕事を定時で終わらせ、
残った時間を自分に投資に充てた方が自分の利益になると考えました。

実際に“副業”で稼げた額は、数百円の単位です。

しかし様々なことにチャレンジし、今があり、今の挑戦に活かされていることを考えると、必ず必要な行動だったと確信しています。

これは2021年に、今よりも大きなリターンとして自分に、そして多くの人に返していきます。
コツコツと、淡々と、です。

 

まとめ:2021年は「やり抜く」

画像1

2020年、投資に怖がらず、前向きに、自分の可能性を信じてできたことに励ましと感謝をします。
思い立った時に行動して、失敗を次の行動にいかす。

実にシンプルな生き方です。

でもたくさんの行動ができたのは、同じように一緒に頑張る人、支える人がいらっしゃるおかげでもあります。

一つ、はっきりと言えることは、今、自分が「やりたい」と願うことがあるなら、すぐにやるべき。
来年の自分にも自戒を込めて言います。

幸い、情報時代に私たちは暮らしています。好きを仕事にできる時代は来ていて、それを体現している人たちもたくさんいます。
やりたいことを我慢して、「やりたくないこと」「やらされていること」に時間を費やしている場合ではありません。

本気でそれをやりたいなら、何を犠牲にしてでも実現させるべきだし、そうできると信じています。

できないことなんて何もない。

 

まずは、やるかやらないか

そしてその次に、それを本気でやりたいかやりたくないか。

 

チャンスの時代がすぐそこに来ている。

2021年、爆速で進みます。

そして来年の大晦日に、「最高に成長した1年」だったと言葉にしているでしょう。

 

 

最後に、ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。

私は、サラリーマンとして働きつつ、仕事の時間以外で自分の市場価値を高めるために自己投資を続けています。
来年は仕事を転職する年でもあります。

またいろんなものが変化していく時代になると思いますが、
そのためにみなさんのクリエイティブな思考とユニークな表現を参考に、学び続けます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました