なぜ今、転職が必要か。

Work
Work

おはようございます。

本日は在宅勤務にて、本業がスタートします。この1ヶ月は色々と制限があった中での生活となりましたが、全てがネガではなく、ポジティブな面もあったと思っています。

依然、医療従事者などは大変な状況に苛まれています。彼らに1日でも早く、一刻でも早く平穏な日々が訪れるように祈ることしかできません。そのために僕らができることは、感染しないこと、感染させないこと。まだまだ油断できる状況ではなく、緊急事態宣言も延長の見通しと囁かれています。

決して油断せず、気を引き締めていきましょう。

 

さて、本日は「副業」について。

僕は人材サービス会社の営業として働く一方、副業でも稼げるようになりたいと思っている。

それには目的がある。

【副業をする目的】

・時代が特定企業特化型人材を求めなくなったから
(終身雇用が難しくなったから、多方面で活躍できるスキルを身につける)
・複業することで自分の価値を高めたいから
・いろんな繋がりを得て、多様な価値観を体感したいから
(必ず将来の自分のためになると思っている)

 

このように考えるようになったのは、いろんなメディアの情報や豊田社長の終身雇用の終わりの会見などがあるが、特にインパクトがあったのがこの本。

 

『転職と副業のかけ算』

 

 

【本で学んだこと】

・自分の目指す姿、やりたいことを人に言い続けることが大事。
周りに応援してもらう人になる。本業をしながら成果をだす極意。

・既にできる仕事に注力しない。やったことのない、まだできない仕事に挑戦する
→そこで成果を残そうとすることで確実に成長する。(成功かはわからない、しかし成長はする)

自分を会社に見立てる
→給与=売上。売上を伸ばすには「対価に見合う価値の提供」が必要。
自分自身に価値を持てば、それ相応の対価が支払われる

 

他にも本業で得た営業スキルなども記載されており、今の自分に足りないもの、これからした方が良さそうなことに気づき、行動のきっかけになった。

 

【行動したこと】

・企業の社長に直アプローチ
・人に自分の将来像を話す

この二つは著者が実際に行動していたことで、僕も即実行してみた。

まだ目に見える大きな成果が出たわけではないが、これからその量と質を高めた時に変化があるのではないかと感じている。

そしてまだまだ行動できることがあるので、つねに思考をはたらかせていこう。

 

今日も一日、健康に過ごせることに感謝します。

 

では。

タイトルとURLをコピーしました